自分の強みで生きていく。主体性を育てる。

日本の教育が変わります。

多様な生き方が求められる一方で、たしかに見えたものは崩れつつあります。

地球で起きる予測不能なあらゆることはグローバルな視座でなければとらえられません。

この流れは加速しています。

今の子どもたちの多くは将来、今は存在していない職業に就くだろうと言われています。

子どもたちが生きていくのは、耐えず変化し、かたちをもたない社会です。

教育分野で遅れをとってきたといわれる日本でも、ついに政府主導の教育改革が始まりました。

何を学んだか、何ができるかだけでなく、どのように学んだか。

子どもの「主体性」が重視されるようになります。

評価の対象は、好奇心、表現力、柔軟性、他者とつながるコミュニケーション力など。

今の大人がかつて受けてきた教育をイメージしていては、これからの子どもの教育を理解することはできないのです。

時代にふさわしい教育の場を

これまで「グランディール」は、探究学習をつうじて新しい英語教育のあり方を世に投げかけてきました。

そして今、時代の変化を先取りしながら子どもたちが本当に必要な力を身につけることができる教育の場を作り続けています。

「グランディール」で培われ、バイリンガルな環境での探究学習をベースとした独自のメソッドを通じて「生きる力」「達成する力」そして「つながる力」を養います。

そのメソッドとは、これまでたくさんの個性豊かな子ども達に実践してきたものをさらに磨いたものであり、私の集大成とも言える学習法です。

軸になるのはじぶん。

子どもでも、そして大人でも、生きていく軸になるのは自分です。

じぶん自身を知り、じぶんの個性を活かすことこそ周りの人に理解され、社会で愛されていく基本。

それが多くの子どもの成長を見守ってきた私の信念です。

問い続けるのは「未来の私、未来の私たち」。

誰ともちがうじぶんという存在をつかみ、豊かな力をつけた子どもたちが変わりゆく世界の中でも幸せに生きていく姿。

それこそがGrandirFuture Me, Future Usの描く未来です。

Grandirから リアルプロジェクトへ

学びの場は、教室という固定された空間でなくても良いはずです。

子どもたちの想像力を最大限に活かした商品開発を行い、ポップアップストアをオープンさせたり、日本各地の魅力的な場所とコラボレーションをして学びの成果を発表したり、ロンドンやハワイをはじめ世界各国の様々な環境や課題を通じて学んだり。

私たちは、学校教育とは別の学びとして、スクールを根本的に変える様々なプロジェクト「Future Me, Future US リアルプロジェクト」を展開しています。

そんな「新しい形の学び方」を実践するためのアイデアが、私たちには沢山あります。

目指しているのは、子どもと大人の境を超えて、お互いに学びのある機会をつくること

デザイナーやアーティスト、哲学者や音楽家などプロフェッショナル達を巻き込んだり、海外のユニークな教育団体とコラボレーションをすることで、子どもたちの学びの場をプロデュースしていきます。