「やってみた」ことが「できる」に変わります こども達の社会

2才半を超えると全身の運動機能がスムーズに動くようになってきます

走る、押す、引っ張る、投げる、つかむ、運ぶ、積む、ぶる下がる、

いろいろなことが思い通りにいくようになると、何でもやってみたくなる時期

自我の意識がさらに強くなります

お母さまから見たら、危なそうでつい「危ない、だめよ、やめよう」と

言葉をかけてしまうこの頃、大丈夫です、こどもは思ったよりもバランス感覚が

養われています。

全てが経験として蓄積されるこの時期には、

「やってみた」ことが「できる」にかわり

「やってみなかった」ことはいつまでも「できません」

1週間に一度、お母様から離れて、いろいろなことに挑戦、探究しているこども達

発想力が優れてきます

自分たちの社会を作り始めるので、遊びの提案を始めます

英語での色分けをしていたはずが、こども達の習いたての英語でいつの間にか、物の分類を

自主的に始めます。

Red,Red,Red, Yellow, Yellow,Yellow, Lemon,Apple, Melon, Airplane, Car, Bear, Dolphine....」

一人が始めると他のこども達も何をしているのかを察し、ついていきます

こどもたちの社会は、じっと見守っていると、1時間の間に様々な形で変化し、全てが学びです

こども達の能力、すごいです

見守ることが、大切

Follow me!