代表 村松靖子

チャイルドセラピスト
チャイルドタッチセラピスト
知育開発に携わり、インターナショナルスクールの
アシスタントディレクターを務める。
国際食学協会の食育・フードセラピーに関する専門知識も有する。
National Association of the Education of Young Children 会員

Teachers

Ashley Ladeira

American University, Washington, D.C. 学際教育学士
Peking University, Beijing, China 国際関係論修士
台湾、中国、日本において第二言語として英語習得する子ども達を指導

Ai Kobayakawa

University of California, Irvine 国際学部

Annie Jones
Megu Nakano
Maria Pastore

Dave Sasada

Anzu McMullen

Haruna Komatsu

Isabel Jasper

Maria Suárez
Julia McCartney

特別講師

振付家・ダンサー

玉川さやか

イギリスのLaban Center Londonに留学、修士号を習得(MA in Choreography)。
ダンスカンパニーsynapseの振付家、ダンサーとして活動。「日常の身体」に関心を持ち、教育における芸術の役割や、コミュニケーションツールとしての身体について、独自のメソッドをBody Synergyと名付け、幅広い年齢層に向けて、身体の可能性を探求する方法を提供している。

コンテンポラリーダンサー、ダンス講師
玉川みなみ

プロのダンサーとして活動。
イギリスのLaban Center Londonに留学、修士号を習得(MA in Dance Performance)。
ダンスカンパニーsynapseのリハーサルディレクター、ダンサーとして活動。

長年ダンサーとして身体と密接に関わる生活の中、様々な身体的経験が齎らす自己への理解・責任、他者に対する信頼や共感などに興味を持ち、独自のメソッド、Body Synergyの活動を開始。

Sarasa Mori

筑波大学体育専門学群卒。
子ども向け体操育成、親子体操等の指導を専門とする。
ラート競技の世界大会出場選手。