インターリーブ 英語学習 NHK番組取材

脳科学が教える効果的な学習法インターリーブを取り入れた

グランディールの探求型学習が

NHK BS「偉人たちの健康診断」で取り上げられました。2018年8月放送。

  • 歴史上の人物から、健康や生活に関する情報を探る教養番組です。

「インターリーブ」を取り入れた学習法

記憶は静寂の中で覚えようとするより、BGMを聴きながら勉強したり、常に会話がある状態で

勉強する方が、2倍近い情報を記憶できます。

また、人間の脳は、何かを記憶し思い出そうとするとき、外的環境を“手がかり”として
思い出すことが多いため、外的環境を常に変化させることで英語体得にも優秀な結果がでています。

インターリーブ学習法は何かを学習する際にあえて関連性のある違う科目を混ぜる学習法です。
地理、動物の生息地、食物連鎖、環境、地球、惑星など、鎖状に絡めながら学習していきます。

学びの効果的な方法を知ることで、観察力、好奇心、研究意欲、そして分析能力が
大きく伸びてきます。

直観力や国語力(理解力)、スピーディーな記憶力、そして「整理力」にもつながっています。

インターリーブは、スポーツや芸術なども含め、ほぼどんな学習素材でも、
脳により深く刻み込むことを可能にしてくれます。

価値観が多様化している今、正解は一つではなく、自分らしさと考えを持ち、
他を理解し尊重することを学習から学べるグランディールの探求学習は

ニッポンの社長「こどもの未来を応援するニッポンの大人たち」でも紹介されています。

グランディール英語教育
Cross-Curricular Hands-on English Education
英語の知識を使いこなし、自主的な探究心を持って取り組む探求型学習プログラム
小学生クラス
幼稚園/2歳児クラス
中学生以上
info@grandir-me.com
090-3420-3305

幼児教室 プレスクール
RaviCoeur ラヴィクール